What's  new-4


第59回水のフォトコンテスト結果発表。

2017年10月30日

生活の中の水をテーマにした素敵な作品が多く集まった
第59回「水の写真コンテスト」の審査会が10月3日に東京・市ヶ谷の日本水道会館で開かれた。応募総数4,180点の中から、山口県下関市の河野サエ子さんの作品『恵みの水』が栄えあるグランプリ(厚生労働大臣賞)に輝いた。蛇口から出る水を愛おしそうに飲む子供の姿が審査委員の心を打った。
写真家の丹地保堯氏(審査委員長)は「他の応募作品にはない際立ったメッセージ性を感じた。世界の水問題解決のために日本人には何ができるかを問いかける作品でもある」とグランプリ作品を評した。そして、「どの作品も選ぶのに迷うほど素敵な写真だった」と審査を締めくくった。
上位入賞作品は今月25~27日に高松市で開催される日本水道協会全国会議の会場で展示されるほか、今後、横浜市内でも作品展の開催を予定している。
<最終面記事>

講評
丹地保堯氏(審査委員長)

人と水のかかわりを訴えかける
グランプリを受賞した『恵みの水』には、他の応募作品にはない際立ったメッセージ性を感じた。幼子を背負い、愛おしそうに水を飲む子供の姿には、人類にとって「水」がいかにかけがえのないものであるかを、改めて感じさせる力がある。また、世界にはまだまだ水に苦しむ人が多くおり、その人たちのために、私たち日本人には何ができるのかを考えさせる、ドキュメント性を持った作品でもある。
 全体的に今年の応募作品は生活の中にある水をテーマにした作品が多かったように思った。そして、どの作品も選ぶのに迷うほど素敵な写真だった。来年はどのような作品に出会えるだろうか。今から楽しみだ。



第4回「ジタンクラブ・写真画展」が開催されました。

2017年06月25日

2年に一度、第4回ジタンクラブ写真画展を東京新宿京王プラザホテルロビーギャラリーで開催されました。

多くの来場者で成功りに終わりました、改めて御礼申し上げます。尚、この売り上げの一部は「日本自然保護協会」に寄贈されます。



第68回全国カレンダー展にてグランプリー「経済産業大臣賞」受賞。

2017年01月06日

携わって15年目の丹地保堯作品集「THE  BEAUTY  OF  COLOR」が経済産業大臣賞を受賞しました。株式会社三菱電機・発行 デザインは浅葉克己さんです。



第58回水のフォトコンテスト結果発表。

2016年12月05日

講評
丹地保堯氏(審査委員長)

優れた作品が数多くあり、コンテストの質が上がった

 グランプリ(厚生労働大臣賞)に選ばれた『蛇口の独り言』は、モノトーンとしたことが優れている。何気ない蛇口をアートとして捉えているだけでなく、水一滴の大切さも伝わる素晴らしい作品だ。洗練されたセンスの持ち主だと思う。このほか上位に選ばれたどの作品も、メッセージ性が優れている。 一方で、説明的な写真、何か型にはまった作品も多いと感じた。どうしても画一的に見え、インパクトに欠ける。水そのものや水道という物質や事象に限定されない、独自の視点や方法で「水」を表現した作品を期待したい。さらに、昨年も感じたことだが、水に関わる仕事の現場、そこで働く人の表情を写した作品が少ない、引き続き、水を私たちが使うために働く人々を写した作品の応募も期待したい。多くの方に、このコンテストにチャレンジしていただきたいと思う。



第20回「AMATERAS」公募展結果発表。

2016年12月01日


外務省発行のPR誌「にぽにか」に掲載されています。

20016年11月26日


フォトコン10月号審査終了しました。

2016年10月06日

無事1年間の審査終了しました。ありがとうございました。



夏の東北を取材。

2016年08月02日


5軸手振れ防止の威力。

2016年08月01日

年齢を重ねるごとにカメラの重さがきになる今日この頃ですが、カメラを選ぶにも重量の要素も大きな選択肢の一つになりつつある。さらに目の衰えをカバーしてくれるAFも開かせなくなってしまった。テクノロジーの進化に驚かされるばかりだ。



「和楽」7〜8月号に掲載されています。

2016年07月07日

滝の特集です。



フォトコン7号審査終了、7月号発売中。

2016年05月12日


東洋英和女学院の「KAEDE」掲載。

2016年02月10日


三菱電機株式会社の2016年度版カレンダー「丹地保堯作品集」・「彩りの美」が経済産業省商務情報政策局長賞を連続受賞しました

2016年01月20日


サライ1月号に掲載されています。

2016年01月05日


第8回クラブピードゥチャリティー写真展を京王プラザホテルロビーにて開催しました

2015年12月10日


第19回AMATERASコンテスト結果発表及び写真展。

2015年10月24日

今回は審査委員長として参加しました結果は以下の通りです。



57回目を迎えた「水のフォトコンテスト」結果発表。

2015年09月29日


東洋英和女学院の「KAEDE」掲載。

2015年09月15日


第3回ジタンクラブ写真画展開催されました。

2015年05月16日

「写真を絵画のように表現したい」

そんな思いを込めて作品創作に取り組んでいる仲間たちの展示会です。

キャンバス・和紙・版画紙等、新しいメディアでの表現をお楽しみください。

展示作品約50点



東洋英和女学院の「KAEDE」掲載。

2015年03月05日


三菱電機株式会社の2015年度版カレンダー「丹地保堯作品集」・「彩りの美」が連続上位入賞しました。

2015年01月10日

今年も13年連続の受賞と成りました。今年の受賞は「経済産業省商務情報政策局長賞」でした。



第7回クラブピー・ドゥチャリティー写真展を東京銀座・デイム銀座8階で11月29日〜12月3日まで開催されました。

2014年11月26日


「丹地保堯の世界」写真画展を銀座Art Gallery M84にて開催。

2014年09月16日


第56回「水のフォトコンテスト」結果発表。

2014年10月09日


6月1日〜30日京王プラザホテルにて世界遺産「富士山」をテーマに展示に参加しています。

2014年05月24日


サライ5月号に「写真と名画で巡る」に掲載。

2014年05月10日

第10回:日本の色がたり「緑」をテーマにサライ5月号に掲載されています。



2013年度桜フォトコンテスト結果発表が2014年度5月号に掲載されています。

2014年05月10日

今年の桜の開花予報は高知県からスタート、一ヶ月以上かけて日本列島を北上するんですね。カメラ女子、カメラ男子達は心躍らせ、お目当ての桜をカメラに収めようと計画をねっていることでしょう。さて今年もコンテストの審査をまかされ、昨年撮影された桜達の力作を目の前にし、自分も少し高揚した気分で向かい合っています。全国から応募された作品はどの写真も見事でいつもながら選者の気持ちを悩ませます。何よりも力量の平均点が向上しているのは明らかで桜に対する視点が多様で被写体に対する思入れは充分伝わってきました。ちなみに今回の応募総数は1151点でどの作品も甲乙つけがたく大いに悩みました。掲載されなかった皆さん、この結果に懲りず次回のたくさんの応募を楽しみにしています。

選考:丹地保堯



6年目を迎えたチャリティー写真展を開催しました。

2014年03月02日

第6回クラブピードゥーチャリティー写真展が銀座で開催されました。会場の様子を掲載します。ご協力ありがとうございました。



週刊現代時々掲載中

2014年02月20日

オシドリの繁殖地を取材。

2014年02月05日